【我慢汁】別名カウパーの全貌をまとめてみた~精液・精子との関係性は?~

 

男性なら誰しも一度は聞いたことのある「我慢汁」。

ただ、我慢汁という名前だけしか知らない人がほとんどなのではないでしょうか?

 

・「我慢汁の役割ってそもそもなに?」

・「セックス中に出てくるけど、妊娠とかしないよね…?」

・「我慢汁と精液って違うものなの?」etc..

 

そんな疑問はよくよく考えてみればあるはずです。

今回は、そんな我慢汁の全貌に迫っていきます。

 

我慢汁って何?カウパーとは一緒なの?

 

 

我慢汁とは、性的に興奮してイキそうになった際にペニスの先から出て来る無色透明な分泌液のことを指します。

もう少し細かく説明すると、尿道のカウパー腺から出てくるアルカリ性の液になります。

 

我慢汁の正式名称は「カウパー腺液」と言います。

ということは、【我慢汁=カウパー】ということになります。

今まで、同じだと思っていなかった人もここで覚えましょう。

 

【おさらい】精液と精子の違いは?

 

 
精液と精子の違いについておさらいしていきましょう。

精子とは精液の中にいるもので、卵子と結合することによって子供に成長をしていく単細胞になります。

一方精液はアルカリ性の液で、酸性に弱い精子を保護する働きを持った液体になります。

 

例えていうと、精液が大福だとしたら精子は中に入っている餡子。そんな関係です。笑

 

我慢汁と精液の違い

 

まず、液体の「色」に違いがあります。我慢汁は先程も説明しましたが、無色透明な液体です。

反対に精液は白乳色の液体です。

更には、「働き」にも違いがあります。それぞれ軽く説明をしましたが、今度は細かくご紹介していきます。

どのように違ってどのような役割があるのかを理解しましょう!

 

我慢汁の働き

 

我慢汁の働きには、大きくわけて2つあります。

 

我慢汁の働き1:射精を円滑にして精液を勢いよく飛ばす事

 

精液は粘り気があり、尿道に付着しやすいです。

そこで、精液が尿道で付着しないようにするのが我慢汁の役目です。

 

我慢汁の働き2:酸性に弱い精子を確実に射精させるための援助

 

酸性に弱い精子ですが、尿道の中は普段酸性状態。

そんな状態では、いくら精子を保護している精液であっても安全に運ぶことは難しいです。

ただ、先に我慢汁を出すことによって、酸性状態の尿道がアルカリ性に変わり、確実な射精を行うことができます。

 

 

精液の働き

 

精液の働きも、我慢汁と同じく2つあります。

 

精液の働き1:射精後も精子が死んでしまわないように栄養素を供給

 

精子を助けるのが精液の役目ですが、射精後は体内から栄養素を取ることができなくなります。

そんな時に活躍するのが精液です。精液には、精子の働きを助ける栄養素が含まれています。

精子を生かす為に栄養素を供給する役割が精液にはあります。

 

精液の働き2:酸性である女性の膣内でも活発に動けるように保護

 

女性の膣内は酸性状態です。酸性に弱い精子が入っていってはすぐに死んでしまいます。

その環境でも生きられるよう保護するのが精液の役目です。

アルカリ性である精液は、酸性である女性の膣内で中和をするようにできています。中和させることによって、精子が活発に運動できるようサポート・保護をする働きがあります。

 

我慢汁と精液は全く違うものだとわかりますよね!

また、上記の説明で精子とも違うことがわかりますよね!

 

POINT

白乳色が薄ければ薄いほど精子は元気で活発というサインです。

子供をつくる際のご参考に!!

 

 

簡単に精子をご紹介!

 

精子とは、射精時にペニスから出てくる精液に含まれているものです。

精子は精液に保護されながら射精をされます。

その後は膣内を通り、卵子のもとへ向かいます。卵子とうまく結合ができれば子供として女性の膣から生まれてきます。

植物で例えるのもよくありませんが、精子は言わば植物で言うところの「種」なのです。

 

それぞれの働きを踏まえて、

我慢汁・精液はそれぞれが助け合って「精子」を卵子まで運ぶ手助けをする液体です。

 

我慢汁でも妊娠しちゃう??

 

 

結論から言うと、

妊娠する可能性は極めて低いですが、妊娠する可能性あります。

 

我慢汁はまず精液ではないということは先程説明しました。

ただ、セックス中に微量ながら精子が我慢汁と共に出てくる可能性があります。

その精子が卵子まで無事にたどり着き、結合をすれば妊娠となりますが、まずありえません。

 

精子には、精子の働きを最大限に生かす精液の存在が必須です。

セックス中に先に我慢汁と出てきてしまっても、精液と一緒に出ていない分、精子の動きは鈍く、酸性の膣内でとても生き抜くことはできないのです。

精液なしでも卵子までたどり着き、結合をする精子があるとしたら最強の子供が生まれてくるでしょう。笑

最強の子供を生むために「精液と一緒に精子を送るのではなく、我慢汁一緒に精子を送って子供をつくろう!」なんてお考えの方はとても大変ですが、不可能ではないということです。

 

我慢汁を大量に出すにはどうしたら?

 

 

では、我慢汁をたくさん出すにはどうすれば良いのでしょうか?

それは、セックス中でもオナニー中でも射精をせずにひたすら我慢することです。

 

我慢すればするほど、ペニスから我慢汁が大量に出てきます。

我慢こそがたくさん我慢汁を出すただひとつの方法になります。めちゃくちゃ我慢してためた時は凄い勢いで射精するときがありますよね?

それも我慢汁のおかげです。気持ちよく射精するためにも程よく我慢して我慢汁を大量にだしてから発射するのがペニラボ流です。

 

まとめ

 

 

我慢汁と精液・精子がどのように違うのかをご紹介しました。

それぞれ働きが違いますが、一つでも機能しなければ子供を造ることができません。

一つ一つの働きが重要であり、どのような状態であれば妊娠をしてしまうのか。

また、妊娠をしないのか理解してセックスに望みましょう。取り返しのつかないことになる前の対処が重要です。

 


 

睾丸(金玉)マッサージの効果と方法まとめ【精液が濃くなる!?】

2017.05.06

【神コスパ】海乳EXって本当に効果あるの!?成分や副作用を徹底考察!!

2017.03.07

【最強】精力剤おすすめランキング!!効果が高い精力サプリを徹底比較

2017.01.22

【精液の量を増やすと快感倍増!?】精液を増やす方法まとめ

2016.12.25

【勃起力アップでカチカチ!?】勃起力を劇的に高める方法全まとめ

2016.11.24


最強ペニス増大サプリランキング【3ヶ月で+3cm目指す】

【活力MAX】本当に効くおすすめ精力剤ランキング

【+3cm!!ペニラボ編集部でも愛用中】



ペニス増大サプリの決定版

精力増強にも期待できるのでサイズアップはもちろん中折れ気味の方にもおすすめ

1箱無料でもらえるキャンペーン中に購入すべし!