EDの初期症状を理解して早めの対策を打とう!!

 

「まさか自分がEDになるなんてことはないよな。」「EDはまずあり得ない!」と思っている人も多いでしょう。それはそうです。現在もしっかりと勃起できているわけですから。

しかし、正常な勃起を行える人でも時としてEDになってしまう可能性を秘めていることを忘れてはいけません。

今回は、EDになってしまう前に対策をしておこうということで「EDの初期症状」について詳しく見ていこうと思います。

EDの初期症状を知れば、EDになってしまうことを未然に防ぐことができますので、チェックしておきましょう。

 

EDの初期症状をチェックしよう

 

 

では早速、EDの初期症状についてご紹介していきます。

 

EDの初期症状1:中折れ

 

EDの初期症状としては一番多いのものになります。

中折れしてしまうと射精をすることができなくなり、セックスでもオナニーでも満足感を味わうことができなくなります。また、射精ができないということで自信をなくし、精神的にもマイナスに。

「次のセックスでも中折れしてしまうのではないか…?」という不安にも狩られてさらに勃起させずらくさせてしまいます。

そして、セックスを避けるようになり、症状は悪化。EDとなってしまいます。

中折れからEDになってしまう人はこのような悪循環から高確率でEDにまで発展してしまいますので、十分に注意が必要であると言えるでしょう。

 

EDの初期症状2:性欲が弱まる

 

性欲が弱まってきたなと思ったら、それはもしかしたらEDの初期症状かも知れません。性欲が弱まる原因としてはさまざまありますが、疲労やストレスが圧倒的に多いです。

しらずしらずのうちに体にも負荷がかかり、最終的に男性器にも影響を及ぼす可能性がありますので、適度なリフレッシュは欠かさず行うようにしましょう。

 

EDの初期症状3:不感症

 

不感症もEDの初期症状と言えるでしょう。

「最近なんだかセックスをしても気持ちよくないな。」「射精できるくらいの刺激を感じなくなった。」と思ったら不感症を疑いましょう。

不感症になってしまうと、なかなか射精をすることができず、セックスの最中に疲れてしまいます。体力は年齢とともに衰えていきますので、歳をとればとるほど不感症からのED発症率は高まっています。

不感症であるとわかった時点でクリニックに相談するようにしましょう。

 

EDの初期症状4:射精の快感が弱まった

 

射精をした時はなんとも言えないほどの快楽に包まれますよね?しかし、射精をしても快感を覚えづらくなるということがあります。

その場合も不感症と同じようにクリニックで相談するようにしましょう。

 

EDの初期症状として中折れはわかりやすいですが、それ以外の症状に関しては自分の感覚を信じるしかないでしょう。初期症状はいわばEDのサインです。

そのサインをほっておくとEDになってしまう可能性が高まり、発症へと繋がってしまいますので十分に注意しておきましょう。早期発見と早期治療が大切です。

 

▼中折れ、射精の快感を取り戻すのにおすすめの方法はこちら

 

【ドバドバ】精液(精子)量をすぐに増やす方法と快感が倍増する秘密

2016.12.25

 

EDの初期症状はこんなことがきっかけで発症する

 

 

EDの初期症状というのは前触れがありません。突然発症してしまうのです。

ただ、初期症状が発症するということは何かしらに問題を抱えているということ。精神的なものと肉体的なものの2通りの可能性についてご紹介していこうと思います。

 

精神面

 

若者に多く、セックスへのプレッシャーやトラウマなどが主な原因と言えるでしょう。

性的な部分で鬱のような状態になっているため問題を解決するまでは初期症状を収めることはできませんが、改善することは肉体面と比べると比較的簡単であると言えるでしょう。「自信」が大きな鍵となるはずです。

 

肉体面

 

精神面と違い肉体面は表面に現れにくく、初期症状の段階で判断することはなかなか難しいでしょう。そのほとんどが血管の問題だからです。

陰茎に血液を運んでいる動脈は体の中でも最も細い血管です。動脈硬化が始まれば真っ先に影響が出てくるでしょう。

EDだけで済めばいいですが、最悪脳梗塞や心筋梗塞になる可能性も秘めているので、早期解決が必要となってきます。動脈硬化は生活習慣病などの食生活の乱れから起こりやすい病気ですので、栄養バランスには気をつけるようにしましょう。

 

どの程度なら初期状態と判断すればよい?

 

 

では、EDの初期症状として判断する基準というのはどのレベルからなのでしょうか?

中折れであれば中折れをした時点で初期症状と判断する必要があるでしょう。

そのほかの症状に関しては、非常に判断がつきにくいですが、「全盛期と比べて明らかに性欲が落ちた」「全然イかなくなった」と感じ始めたらEDの初期状態にあると判断するべきでしょう。

EDのみにならずですが、病気は全て早期発見・早期治療に限ります。早い段階で治療を行えるのであれば、その分治療が簡単になります。

また、「EDになる前に治療を行い、未然に防ぐことができた!」ということになれば自分に自信がつきますので、EDになりづらいメンタルを構成することができます。

何にしても、発見した時に初期症状と判断し、治療を行うことが大切であると言えるでしょう。

 

初期であれば正しい対策をとれば改善できる

 

 

EDになってしまうと、完治させるには多額のお金が必要になってきますし、薬を服用しなければセックスをすることができない状態になってしまいます。

普通にセックスを行えていた今までと比べると、厳しい仕打ちと言えるでしょう。

セックスに対しての自信も喪失。どんどんEDの悪循環に陥ってしまいます。しかし、EDになる前の初期症状であれば、しっかりと対策を取ることでEDになることを防ぐことができます。

初期症状が発覚したら、すぐさまED対策に取り掛かりましょう。

 

▼EDの治し方について詳しく書いている記事はこちら

 

【インポ】ED(勃起不全)の治し方・原因から改善方法までの極意

2017.08.02

 

まとめ

 

 

今回は、EDの初期症状についてご紹介していきました。EDの初期症状が出たということはEDを発症してしまう可能性があるということです。

 

・EDの初期症状として最も多いのは中折れ。不感症や性欲の現象なども初期症状の一つであると言える。

・初期症状は突然発症してしまう。

・気づいた時点でEDの初期症状であると判断し、対策をしていく必要ようがある。

・早期発見ができれば、EDを発症することなく未然に防ぐことができる。

 

わかりにくい初期症状も中にはありますが、微かなサインも見逃さずにEDを防いでいきましょう。

いつまでも健全な勃起を行えるように、気を張っておきましょう。

 


 

【妻だけED】勃起力アップさせても妻だと勃たない人の治療法と対策

2017.11.07

ED改善におすすめの勃起サプリランキング!!~脱勃起不全~

2017.06.10

【強制勃起!?】ED治療薬を定番商品からジェネリックまでまとめてみた

2017.11.13

【勃起力アップでカチカチ!?】勃起力を劇的に高める方法全まとめ

2016.11.24

 


 

最強ペニス増大サプリランキング【3ヶ月で+3cm目指す】

【活力MAX】本当に効くおすすめ精力剤ランキング

【+3cm!!ペニラボ編集部でも愛用中】



ペニス増大サプリの決定版

精力増強にも期待できるのでサイズアップはもちろん中折れ気味の方にもおすすめ

1箱無料でもらえるキャンペーン中に購入すべし!