【疲れたときに勃起する!?】疲れマラの原因を理解してフル勃起!

 

疲れが溜まった時に勃起をしてしまうということはありませんか?

男性であれば性的興奮を覚えた時に勃起をするのが普通ですが、時には疲れを感じた時に勃起をしてしまうこともあります。いわゆる疲れマラ。

今回は、この「疲れマラ」について詳しく見ていこうと思います。

 

疲れマラとは?なんで疲れたら勃起するの?

 

 

「疲れマラってよく聞くけど、疲れマラって何?」と思っている人もいるかと思いますので、まずは疲れマラについてご紹介していこうと思います。

疲れマラとは…体は疲労を感じているのに男性器だけ元気な状態。性欲や感情とは裏腹に疲労状態でも勃起してしまうこと。

このような状態を男性であれば一度は経験したことがあるかと思います。

しかし、「疲れマラってどうして疲れているのになるんだろう?」なんて疑問を持ってしまうのでは?原因についても確認していきましょう。

 

疲れマラの原因1:子孫を残すため

 

疲労がピークに達すると脳から危険信号が発せられます。動物が子孫を残そうと働きかけるように人間も例外ではありません。性欲とは別に生物的な本能のようなものであると言われています。

 

疲れマラの原因2:カテコラミンの分泌

 

人間は疲れが溜まってくるとカテコラミンというホルモンを分泌します。このカテコラミンが分泌することによって体全体の血管を収縮させます。

それはペニスも例外ではなく、血管が収縮、同時に血流が良くなり勃起状態になると言うわけです。

 

疲れマラの原因3:バランスを取るため

 

日常的に疲れをためやすいのはどちらかと言うと肉体の方ですよね。

なかなか疲れが取れるわけではないので、どんどんと疲労困憊の状況なっていきます。肉体が弱っていくと脳が危機感を覚え、精神とバランスを取ろうとします。

その結果、使わなければ疲れの感じないペニスが異様に反応し、疲れマラになってしまうと言うわけです。

 

疲れマラの原因4:溜まった精子を出すため

 

忙しい生活を送り、性生活をおろそかにしていると疲れマラになってしまうとも言われています。

男性の精子はだいたい3日で満タンになると言われており、溢れてしまうものに関しては自動的に尿と流れていく仕組みになっています。

しかし、疲れが溜まり、性生活にノータッチだと一気に精子を出すため、疲れマラを発症してしまうのです。

 

ここまで聞くとあまりよくない状況であるとわかりますね。

どれにしても、疲労がたまりすぎている反動出るということが言えます。疲れマラになった時にはちょっと体の心配をすることをおすすめします。

 

疲れマラを意識的に発動させることはできる??

 

 

そんな疲れマラではありますが、意識的に発動させることはできるのでしょうか?

答えは、疲れマラを瞬時に発動することが難しいです。

と言うのも、疲労が溜まっている状況であることが大前提の症状であると言うことと性欲が高まって勃起をするのではなく無意識に勃起をしてしまうからです。

疲労を溜めたとしても、性欲で発症するわけではないので、調整することができません。また、疲労がどれくらいまで溜めれば発症するのかも定かではありません。

基準が全く定まっていないのです。基準の定まっていないものを意図的に発動させるのは、不可能に近いと言えます。

よって、疲れマラを意識的に発動することはできないでしょう。

ただ、疲れマラを極め、発症するタイミングを計ることができれば、意識的に発動することは可能です。おすすめはしませんが。。。

 

EDでも疲れマラで勃起する?

 

 

次に、EDの人でも疲れマラで勃起するのかと言うことについて確認していこうと思います。

ズバリ、EDでは疲れマラになることはありません。

EDは栄養不足や血流が悪くなった場合に引き起こされる症状です。逆に、疲れマラは疲れているタイミングでペニスが勃起状態になることを言います。

EDの状態ではいくら疲れていても血管そのものに異常があるので、勃起をすることがないのです。

ましてや、疲れマラによって勃起をすると言うことはEDの前兆であるとも言われているので、気をつけなくてはなりません。

EDとの関係性は非常に強いですが、EDに対する危険信号と言うことを頭に入れておく必要があると言えるでしょう。

 

疲れマラで勃起しても精力が回復したわけではない?

 

 

疲れマラで勃起したペニスはギンギンに勃起するかと思います。

だからと言って「精力が戻ったのか?」「精力は減っていない?」なんて思ってしまってはいけません。

ここまで読み進めてわかったかと思いますが、疲れマラは体に対する危険信号。精力が戻ったり回復することはありませんし、『元気な証拠』と言うわけではありません。

疲れマラをほっといてしまうとEDになってしまう可能性も十分に秘めているので、疲れマラになった際には肉体的な疲れをとったり、精力剤や精力を増強してくれる食事を摂取するなどしてしっかりと対策をしていくことが大切です。

EDになってしまうのは簡単ですが、EDから勃起できるペニスまで戻すのはかなりの時間を要します。

確認しておくようにしましょう。

 

まとめ

 

 

今回は疲れマラについて詳しく見ていきました。

 

・疲れマラは肉体的に疲れている時に性欲とは関係なく、無意識に勃起をしてしまうもの

・疲れマラは体に対する危険信号

・疲れマラはEDの前兆でもある

「疲れマラで勃起したから元気な証拠だな」と感じてしまうのは非常に危険です。

 

あなたの男性器が機能を失ってしまう前兆であるからです。

しかし、わかりやすいサインでもあります。

疲れマラになった際には精力を蓄えることのできるサプリや食事、疲れが溜まっている肉体のリフレッシュを心がけ、正しい生活習慣に戻していきましょう。

 


 

【最強】精力剤・性力増強剤ランキング!おすすめ精力サプリを比較

2017.01.22

【ドバドバ】精液(精子)量をすぐに増やす方法と快感が倍増する秘密

2016.12.25

【勃起力アップでカチカチ!?】勃起力を劇的に高める方法全まとめ

2016.11.24

PC筋を鍛えると【信じられないくらい勃起力がUPするって本当!?】

2016.11.27

【保存版】チントレの方法・効果を学んでペニス(ちんこ)をバキバキにしよう!

2017.06.09

 


 

最強ペニス増大サプリランキング【3ヶ月で+3cm目指す】

【活力MAX】本当に効くおすすめ精力剤ランキング