【敏感】亀頭を刺激して鍛えることで早漏対策になる

「パートナーとセックスを楽しみたい…。」と思う気持ちはみなさん強いかと思います。しかし、現実ではパートナーが気持ちよくなる前に射精。

「もっとセックスしていたいのに、もう出ちゃった。」

これは男性にとっても、セックスパートナーにとっても嫌なことですよね。

そこで、今回は早漏を自力でなんとかしようと言うことで、亀頭の刺激を鍛える方法について詳しく見ていきたいと思います。

 

亀頭は正しい刺激を与えると強くなるって本当!?

 

 

「早漏で困っている」と言う人は意外に多いですよね。セックスの途中で射精をしてしまうと、自分はもちろんパートナーもがっかりしてしまいます。

しかし、亀頭にある程度の刺激を与え、慣れさせることでペニスを強くすることができます。そして、結果的に早漏対策にもなると言うわけです。

亀頭への刺激に慣れれば、セックスの時間が伸びるので、あなただけでなくパートナーも喜ばせることが可能になります。手術や治療薬を摂取するような手間はかからないのも非常に良い点ですよね。

ペニスを強化して、快適なセックスを楽しみましょう。

 

早漏対策そして包茎にも良い影響がある

 

 

先ほども少し触れましたが、亀頭を刺激し、ペニスを強くすると言うことは早漏対策にもなります。

早漏を対策しておけば、セックス時間が伸びたり、得られる快感が増します。そして、もう一つ良いことがあります。なんと、包茎にも良い影響を与えてくれるのです。

包茎の男性であればわかるかと思いますが、普段の状態だと亀頭を含め、ペニス全体が包皮に覆いかぶさっています。しかし、亀頭に刺激を与えることで亀頭が大きくなり、包皮が引っかかりやすくなります。

ペニス増大サプリを飲むわけではないので、確実性は低いですが包茎にも良い影響を与えてくれます。

包茎が治った後も、亀頭へ刺激を与えておいたおかげで慣れないはずの包皮が覆っていない状態での生活も違和感なく過ごすことができるでしょう。

このように亀頭に刺激を与えると言うことは男性のペニスを発達させるためには非常に良いことというわけです。良い影響を与えてくれる分、正しい方法で亀頭に刺激を与えないと危険な状態にもなりかねません。

この後にご紹介する方法をしっかりとチェックして亀頭に刺激を与えるようにしましょう。

 

▼短期間で亀頭を大きくできるおすすめのペニス増大サプリはこちら

 

【最強】ペニス増大サプリランキング!効果が高い最新のおすすめを発表!

2017.01.18

 

亀頭へ刺激を与える方法

 

 

それでは、亀頭へ刺激を与える方法についてご紹介していきます。

 

刺激を与える方法1:オナニー

 

男性が一番よく知る方法であると言えるでしょう。自分の手で包皮を覆い、上下に動かしてください。

このとき、手には力を入れず、包皮だけをずらすようなイメージで行うと良いでしょう。適度に亀頭へ刺激を与えるように大きく動かすように心がけてください。

目安としては、1日10往復×3セットです。

 

刺激を与える方法2:包皮を剥いた状態で生活

 

包茎の人は普段包皮が亀頭を覆っている状況かと思います。ですので、手動で包皮から亀頭を剥いてください。注意点としては、そこまでぴっちりとしたズボンを吐かないようにするということです。

場合によっては射精口を痛めてしまうこともありますので、行う際は十分に気をつけるようにしましょう。

 

刺激を与える方法3:包皮を剥いて入浴

 

お風呂に入浴するとき、包皮を剥いて入浴すると良い刺激を与えることができます。普段、包皮に覆われている亀頭はちょっとした刺激にも敏感です。

なので、直接触れたりダメージを与えるようなことをすると亀頭が傷ついてしまう可能性があります。その点入浴で刺激を与える方法は触れるようなことはなく、包皮を剥いて入浴するだけなので安心で簡単に行えます。

 

注意点

・ぬるま湯で行うようにしましょう。

・シャワーで慣れさせる方法もありますが、刺激が強い上に亀頭が傷ついてしまう可能性があるので、おすすめしません。

 

刺激を与える方法4:ローション

 

これは刺激に敏感過ぎて上記の方法を行えない人におすすめな方法です。ペニスは強い刺激に弱いですが、包茎の男性はなおさら刺激に敏感であると言えるでしょう。

そのため、強い刺激にペニスが先に悲鳴をあげてしまう可能性があります。ですので、刺激を和らげるためにローションを使用しましょう。

ローションであれば、より安全に刺激を与えることができます。また、普段の方法より刺激を和らげることができるので、刺激を与えることに不安を感じている人はローションオナニーで亀頭を鍛えましょう。

 

刺激を与える方法5:ペニス矯正具の使用

 

直接刺激を与えるのは亀頭に悪影響を及ぼします。

ですので、自然に刺激を受けられる環境を整えるためにコックリングなどのペニス矯正具を使用してみましょう。これは包茎にも良い影響を与えてくれるので、一石二鳥です。

生活をしている中でペニス矯正具を使用するのがおすすめです。

 

亀頭は敏感なので十分注意しましょう

 

 

男性であれば誰しもがわかっていることですが、亀頭は非常に敏感です。刺激が少な過ぎてもなんの発展もありませんし、強過ぎても亀頭を傷つけてしまうのでダメです。

適度な刺激を長い間与えるということを意識して行うことがポイントであり、重要なことであると言えるでしょう。

気持ちがいいというよりも、「痛いな」と感じるようになった時はすぐにやめるようにしてください。

大事なペニスですので、大切に亀頭を鍛えるようにしましょう。

 

まとめ

 

 

今回は亀頭を鍛える方法についてご紹介していきました。

・亀頭に刺激を与えることでペニスが強くなり、早漏や包茎に良い影響を与えてくれる

・亀頭は非常に敏感なため、間接的(自然)で長期的に刺激を与えるように心がけましょう。

・少しでも痛いと感じたらやめるようにしましょう。

チェックして、理想のペニスを手に入れてくれださい。

 


 

【保存板】早漏の治し方と対策全まとめ

2017.04.02

カリを大きくする方法はこれ!亀頭を大きくすれば【彼女の反応激変!?】

2017.01.26

【ズルむけ】包茎の治し方と対策をまとめてみた

2017.05.11

【脱包茎】仮性包茎の治し方全まとめ~この方法でズルむけ!~

2017.10.04

【短小包茎】デブでペニスが小さいと包茎率が高いって本当!?

2017.11.05

 


 

最強ペニス増大サプリランキング【3ヶ月で+3cm目指す】

【活力MAX】本当に効くおすすめ精力剤ランキング