精力を高めるには漢方薬が良いって聞くけど効果の理由は??

 

『漢方って風邪以外にも良いの?』

『精力にも効くって聞いたけど本当?』

『身体には良さそうだよね!』

 

今回は精力と漢方についてまとめてみたので漢方薬を検討している方の参考になればと思います。

 

漢方はどうして精力を高めるのに良いの?

 

 

漢方は体のバランスを整えるに適しているので精力UPにも期待できるとされているからです!

 

最近勃起しない

朝立ちがなくなった

精力アップの方法をいろいろ試したがどれも効果はイマイチ・・・

 

そんなあなたにオススメなのが漢方薬を使った精力アップ方法。

そうは言っても漢方は扱いが難しいものが多く効果も漢方によって様々なので漢方を精力アップとして使う場合はきちんと知識を持つことが大切です。

そもそも漢方とは中国の伝統医学を日本人の体質に合わせて独自に開発した日本の伝統医療です。

漢方薬は様々な作用を持った植物や動物、鉱物など天然の素材を複数組み合わせて作られた医薬品です。物によっては「食品」とされるものもあるようです。

肝心な精力アップについてですが、精力アップの効果も期待できます。しかし、漢方は効果が現れるまで時間がかかります。精力剤のように飲んだらわりとはやく効果が期待できる!という訳ではなく、徐々に体のバランスを整え、巡らすというイメージで症状が改善していく感覚です。

そのため、即効性を求める場合は漢方で精力アップすることは適さないでしょう。

 

例えば漢方にはどういった物があるの?特徴は?

 

 

漢方には動物性の成分と植物性の成分があります。

動物性の成分には、スッポンやマムシなど精力増強に効果があるとされているものが多いのが特徴です。精力増強以外にも加齢による体調不良や不妊治療にも用いられています。

病院で診察してもらっても原因がわからない場合、漢方を処方されることがあるようです。一方、植物性の成分は化粧品など美容関係に用いられることが多く、女性に人気な漢方となっています。

 

一般的な漢方

 

葛根湯(かっこんとう)

 

漢方で一番有名と言ってもいいのは「葛根湯」ではないでしょうか。

風邪の初期症状に使う漢方薬として利用したことがある人は多いのではないでしょうか。葛根湯は体を温め発汗を促すことにより効果を示します。

汗をかかないような風邪に期待できますが、汗を大量にかくくらい高熱がある場合は利用を控えましょう。

 

麻杏甘石湯(まきょうかんせきとう)

 

麻杏甘石湯は咳が出る症状に対して用いられる漢方です。風邪の症状というよりも慢性的に咳が続く場合に使われることが多いです。気管支の緊張をほぐす効果があるので小児喘息や気管支喘息にも使用されています。

 

牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)

 

牛車腎気丸は腎臓の周囲の流れを整えてくれる漢方です。

尿の量を調節する作用がありますので、尿が多い時だけでなく、尿の量が少ない時にも使用できます。また、体力低下やむくみの症状にも効果が期待できるようです。

 

抑肝散(よくかんさん)

 

抑肝散はイライラしやすい、怒りっぽいなど精神状態を安定させるための漢方です。感情や自律神経をコントロールし、不眠症やイライラに作用します。

また、最近では認知症患者にも効果があるとされ、認知症治療にも使われています。

 

精力アップに効果がある漢方

 

 

海狗腎(かいかくじん、オットセイペニス)

 

海狗腎はアザラシ科のゴマフアザラシ、アシカ科のオットセイの陰茎、睾丸を乾燥させたものです。強精作用(アンドロステロン)があり、強壮、補欠、強精薬としてインポなどに効果が期待できます。

そのほかにも腰膝軟弱症や冷感症、結核などにも用いることがあります。

 

淫羊霍(いんようかく)

 

メギ科箭葉淫羊霍(ほざきのいかりそう)の全草。一般的に葉を用いりますが、枝や茎も用いることもあります。

利尿作用や、補精、強壮などの効果が期待でき、腎陽虚によるインポや不妊症に用いられます。また、高血圧や女性の月経不順などの陰陽両虚の症状があるときも使用されるようです。

 

補中益気湯(ほちゅうえつきとう)

 

体が疲れていては精力アップどころではありませんよね。そんな時はこの補中越気湯が効果的です。処方される対象は体力の低下した人が主で結核や貧血、勃起不全の人にも効果が期待できます。

胃腸の働きを良くすることで、体力回復を図り体内から元気を取り戻す助けをしてくれます。

 

漢方の精力剤ってある?

 

 

漢方単体でも効果は期待できますが、如何せん効果が出るまでの期間が長いです。そんな時は精力剤に漢方が配合されたものを服用してみるといいかもしれません。

有名なもので言えば「龍覇王」です。

龍覇王には

  • 新陳代謝機能の増進
  • 早漏防止と継続力を高める
  • 疲労回復
  • 勃起不全、性機能の低下を防止
  • 体力不足の解消 

 

という効果が期待できるので「漢方を摂取してみたけど効果がない」「即効性が欲しい!」という方は漢方が配合されている精力剤を試してみるのもいいかもしれません。

龍覇王についてはこちらの記事で詳しくご紹介しているので興味がある人は目を通してみてください。天然バイアグラと言われている龍覇王はペニラボ編集部でも使用しましたが2時間ほどで効果を感じられて熱くなりました笑

 

龍覇王(りゅうはおう)は効果なし!?【口コミや副作用】から徹底評価!

2017.04.20

 

漢方はどこで買うのが一般的?

 

 

漢方薬は医薬品なので入手するには、医療機関を通じるて購入するか、薬局で購入するのが一般的です。

医薬品になりますので、自己判断で購入せずに必ず医師や薬剤師の人に相談しながら購入するようにしましょう。

購入価格は一般的に1日分300〜500円程度、1ヶ月分で1万円前後になります。

薬局や薬店で販売している漢方薬は保険が適用されないため値段が高価になってしまう可能性があります。

病院で処方される場合は保険が適用されるので薬局で購入するよりも安価で手に入れることができるでしょう。

ただ、病院で取り扱っている漢方の種類はあまり多くないので自分に効果があるのかどうか、というのは使用してみないとわからないようです。

 

まとめ

 

 

今回は漢方が精力アップに効果がるのかをみてきました。文中の通り、効果は得られるようですが効果が出るまでに時間がかかるという結果でした。

即効性を求めるようであれば漢方による精力アップは向かないかもしれませんね。

ただ、漢方を摂取することで身体改善ができるため精力アップと併用して体調を改善したい!というのであればオススメです。

 


 

【最強】精力剤おすすめランキング!!効果が高い精力増強サプリはどれ!?

2017.01.22

クラチャイダムゴールドで絶倫になれる!?【私の口コミと効果検証】

2017.02.28

【精力増強】中年男性に送る精力を高める方法まとめ

2017.05.30

【精液の量を増やすと快感倍増!?】精液を増やす方法まとめ

2016.12.25

【勃起力向上でカチカチ!?】勃起力を劇的に高める方法5選~検証済~

2016.11.24

 


 

最強ペニス増大サプリランキング【3ヶ月で+3cm目指す】