【強精剤は精力増強に効果的!】強精剤に関する疑問を全部まとめてみた

 

『最近疲れがとれない。。』

『強精剤が良いらしいけどどれが良いんだろう』

『精力剤となにが違うの??』

 

そんな強制剤に関する疑問についてまとめてみたので参考にしてみてください。

 

そもそも強精剤ってなに??

 

 

精力剤の一つに「強壮剤」というものがあるのはご存知ですか?

 

一般の精力剤

  • 疲労や年齢、ストレス、生活習慣などによって流れが悪くなった血流の促進、特にペニスへの血流増幅をする
  • また性ホルモン分泌低下、勢力に関する栄養不足を補い、促進させるもの
  • 疲労回復、滋養強壮・勢力増強

 

 

などを目的として作られています。

 

【強精剤】

 

精力剤は主に「強精剤」「強壮剤」「勃起薬」の三つに分けられるのですが、その中でも「強精剤」はインポの治療に用いる薬剤となって、催淫剤(さいいんざい)とも言われています。

強精剤には男性ホルモンを直接体内に取り入れて性欲や勃起を促進する効果が期待されているため、「男性ホルモンを増幅させる成分」が配合されているのではなく、「男性ホルモンそのもの」が配合されているのが大きな違いです。

一時的な性器への血流改善効果や性的興奮増強がみられるものが強精剤と言われています。強壮剤と違い、即効性高く服用後、30分から1時間で効果を期待することができるのも特徴。

 

【強壮剤】

 

新陳代謝機能の回復や栄養状態の改善、疲労回復など幅広い病体の改善を目的とした薬剤です。

強壮剤の中にも「変質強壮剤」「苦味強壮剤」「補血強壮剤」「滋養強壮剤」などに分けられ、一般的に薬局などで売られているものは「滋養強壮剤」のみです。

滋養強壮剤は栄養剤を含めて用いられることが多く、薬用酒やドリンク剤として目にするのが多いですね。

 

【勃起薬】

 

勃起不全の治療薬として話題になった「バイアグラ」がこの勃起薬にあたります。

主成分はヨヒンビンとなっていて、勃起時にブレーキとして働いてしまう自律神経の働きを改善してくれます。勃起薬を使用すると直接勃起の中枢に神経が働くので勃起しやすくなるようです。

そのため、中折れやインポなどを改善するための精力剤として使用されることが多いでしょう。

 

強精剤は精力増強に効果はあるの??

 

 

強精剤は医薬品なのでかなり効果は期待できると思います。

しかし、1回飲んだからと言って今後飲まなくても勃起不全は改善されるのかというとそうではありません。

何度か服用し、勃起する感覚を体で覚え、味わい、性行為を楽しむことで精神的なストレスやトラウマをやっと克服できるのです。

しかし、ペニスや睾丸に何か疾患があったり、重度のトラウマなどがある人は少し時間がかかるかもしれませんね。

何も疾患がなく、トラウマで勃起できないというときは、強精剤を飲みつつ心療内科にかかってみるのもいいかもしれませんね。

 

強精剤のメリット

  • 男性ホルモンを直接摂取できる
  • 即効性がある

 

強精剤のデメリット

  • ホルモン生成力の減退につながる
  • うつになる可能性
  • 肝臓にダメージ
  • 身体への負担が大きい

 

 

強精剤に副作用はある?

 

 

上記で強精剤のデメリットを紹介しました。見てびっくりした方も知ると思いますが、実際に起こりうる副作用です。

強精剤は医薬品だとお話ししましたが、医薬品は効果が高いほど危険性も高くなります。

精力増強のために死んでしまったら元も子もないですよね。そうならないためにも、きちんと副作用を理解しておきましょう。

 

強精剤の副作用1:ホルモン生成力の減退

 

安易に強精剤を使用してしまうと、自分で生成できるはずの男性ホルモン数が減退してしまう危険性があります。そうなってしまうと、精子の量も減ってしまいます。

本来何の問題もないのに個人の判断で強精剤を使用してしまうと逆に勃起障害を引き起こす可能性も否定できません。

 

強精剤の副作用2:鬱になる可能性

 

更年期障害って女性しかならないと思っていませんか?実は男性であっても更年期障害になる可能性はあるのです。

男性ホルモンが低下すると更年期障害を引き起こす場合があり、それによって鬱病を発症してしまいます。

 

強精剤の副作用3:肝臓にダメージ

 

強精剤に配合されている「メチルテストステロン」は肝臓で分解されにくいように加工されています。そのため、分解しようと頑張る肝臓に負担をかけ、ダメージを与えている場合があります。

もし、肝臓検査を受け数値に異常がある場合、肝臓機能障害を起こしている可能性があるため注意が必要です。

 

強精剤の副作用4:動悸息切れ

 

肝臓にダメージを与えると言った「メチルテストステロン」の副作用はそれだけではないのです。

メチルテストステロンの副作用にはもともと心臓疾患などを抱えている人は息切れや動悸などを併発させる危険性が高くなります。

また、男性ホルモンを直接摂取しているわけですから、前立腺癌を誘発するリスクも出てきます。

 

効果は期待できますが、副作用も多く存在します。

もし少しでもおかしいな、と感じることがあればすぐに医師に相談しましょう。

また、リスクを少しでも減らすために、自己判断で強精剤を使用するのは絶対にやめましょうね!

 

強精剤は例えばどんなものがあるの?

 

 

 

プリズマホルモン錠

 

 

男性ホルモン補充薬として高い効果を持つ医薬品。

50歳以上の男性の更年期障害にも効果が期待できる飲みやすいお薬です。

 

オットピン

 

 

男性ホルモンを上昇させ、機能回復をすることで精力アップ効果を期待。

 

このほかにも様々な強精剤がありますが、今回は比較的飲みやすいものをピックアップしました。

強精剤よりも精力サプリメントがおすすめ

 

【最強】精力剤おすすめランキング!!効果が高い精力増強サプリはどれ!?

2017.01.22

 

強精剤は効果はあるみたいだけど、副作用が怖い・・・。

副作用がない薬はないのかな?

そんな方は精力サプリメントがオススメです。

医薬品ではないですが効果も期待でき、なんといっても副作用がないのが嬉しいポイント!

強精剤は精力アップを目的とした医薬品ですが、精力サプリメントは精力アップをメインにEDの改善にも繋がるので活力を上げたい方はまずは精力サプリを試してみるのがおすすめですね。

精神的な問題や男性器に疾患がない場合は、精力サプリメントで十分効果が得られると思いますよ。

 

まとめ

 

 

今回は強精剤に関して詳しくみてきました。強精剤は効果は大きいですがそれ以上に副作用も多く死の危険性もあることがわかりましたね。

即効性には劣りますが、安全性を取るのであれば強精剤ではなく、精力サプリメントから服用してみるようにしましょう。

 


 

 

クラチャイダムゴールドで絶倫になれる!?【私の口コミと効果検証】

2017.02.28

【精力増強】中年男性に送る精力を高める方法まとめ

2017.05.30

【精液の量を増やすと快感倍増!?】精液を増やす方法まとめ

2016.12.25

【保存版】チントレの方法・効果を学んでペニス(ちんこ)をバキバキにしよう!

2017.06.09

 


 

 

最強ペニス増大サプリランキング【3ヶ月で+3cm目指す】