牡蠣を食べて性欲・精力アップ!?海の幸の効果は本物なのか徹底分析!

「だんだん性欲がなくなってきた…」

「牡蠣って性欲・精力アップにいいの?」

「疲れが残って精力が湧いてこない…」

牡蠣は「海のミルク」と称される栄養価の高さと亜鉛の含有量の多さから、精力増強食材として知られていますよね!

性欲・精力の衰えを感じてきて、牡蠣について「もっと知りたい!」「本当に効果あるの?」と気になっている男性は多いです。

そこで今回は精力アップ食材「牡蠣」について詳しく解説していきます!

「性欲・精力アップに良いと言われる理由」「精力アップにおすすめの食べ方」「最適な牡蠣の量」などをご紹介しているので是非参考にしてください!

 

まずは牡蠣に含まれる成分を確認!

主な成分 効果
亜鉛 精子・精液の生成に必要不可欠なミネラル。精子の量と質の向上や勃起力アップに繋がる。
セレン 強い抗酸化作用があり体を若々しく保つ。男性ホルモン分泌促進、勃起力アップ、精子量の増加などの効果に期待できる。
D-アスパラギン酸 男性ホルモンの分泌を促進させる効果あり。男性機能の向上に期待できる。
タウリン 臓器機能を高めたり、血液をサラサラにする効果あり。精力アップ、勃起力アップに期待できる。
グリコーゲン 肝臓や骨格筋などに蓄えられているエネルギー源。疲労回復効果あり。
ヘモグロビンの構成成分であり、酸素運搬という重要な役割を持つ。貧血や疲労防止に繋がる。
鉄分の吸収を助けてくれる。貧血を防ぐ。
アルギニン 血行改善、血管修復拡張、成長ホルモン分泌促進などの効果あり。性欲アップや勃起力アップに期待できる。
ビタミンB1 炭水化物・糖質の代謝を促す。疲労回復効果、神経機能を正常に保つ効果あり。
ビタミンB2 新陳代謝促進、エネルギー代謝の促進など成長を促進させる効果あり。
ナイアシン(ビタミンB3) 補酵素しての役割があり代謝に深く関わる成分。血行促進の効果あり。
パントテン酸(ビタミンB5) ストレス緩和、動脈硬化予防などの効果あり。
ビタミンB6 神経機能を正常に保つ、動脈硬化予防、ホルモンバランスを整えるなどの効果あり。タンパク質の分解・合成を助ける。
葉酸(ビタミンB9) 赤血球の生成を助ける。貧血・動脈硬化予防、脳機能の改善などの効果あり。
ビタミンB12 造血作用があったり、神経を正常に保ったりする。代謝にも深く関わる成分。悪性貧血に効果的なビタミン。

 注意事項

牡蠣の成分・効果はペニラボ編集部独自の調査によるものです。

精力アップ食材として有名な牡蠣は「海のミルク」と呼ばれるだけあって非常に栄養価の高い食材です。

人間に必要な「ミネラル」「アミノ酸」「ビタミン」が豊富に含まれています。

 牡蠣を食べることで期待できる効果

  • 精力・活力アップ
  • 性欲アップ
  • 勃起力アップ
  • 血行促進・血行改善
  • 免疫力向上
  • 貧血防止
  • 生活習慣予防
  • ストレス緩和
  • アンチエイジング効果

牡蠣は「精力・活力アップ」「性欲アップ」「勃起力アップ」など男性機能に深く関わる部分に効果があり、性欲・精力減退に悩んでいる人におすすめの食材です!

他にも様々な健康効果があり、体の健康を保っていく上で大切な栄養素を摂取することができます!

男性女性関わらず誰でも積極的に取り入れていきたい食材ですね!

参考:文部科学省

 

牡蠣が性欲・精力アップに良いと言われている6つの理由!

成分 性欲・性力アップ度
亜鉛 ★★★★★
セレン ★★★★☆
D-アスパラギン酸 ★★★★☆
タウリン ★★★★☆
アルギニン ★★★★☆
ビタミンB群 ★★★☆☆

 注意事項

性欲・性力アップ度は牡蠣の成分含有量を考慮したペニラボ編集部独自の調査によるものです。

成分を確認してみて牡蠣が本当に栄養価の高い食材であることが、分かったと思います。

ここでは数ある栄養素の中でも性欲・精力アップに良いと言われている6つの成分について詳しく解説していきます!

 

1.亜鉛

牡蠣が性欲・精力アップに良いとされる最大の理由は何と言っても「亜鉛の含有量の多さ」でしょう。

食品の中で牡蠣が最も多く亜鉛を含んでいると言われています。

亜鉛は別名「セックスミネラル」とも呼ばれ性機能に向上には欠かせない成分です!

男性ホルモン「テストステロン」の分泌を促進してくれるので、性欲・精力アップに繋がります!

また精子・精液の生成に必要不可欠なミネラルであり、精子・精液量を増やしたり、質を高めてくれるので妊活している男性は亜鉛を摂取するといいです!

亜鉛を効率良く摂取したい方は「精液がドバドバに増えると評判の海乳EX」という精力剤があるので、是非こちらの記事をご覧になってください!

精液が薄かったペニラボ編集部員が「飲み始めてからあきらかに精液が増えた」と絶賛しているおすすめの精力剤です!

 

【神コスパ】海乳EXって本当に効果あるの!?精液ドバドバになった私の口コミ

2017.03.07

 

2.セレン

セレンには強い抗酸化作用があり、筋肉や血管などの老化を防いでくれるアンチエイジング効果があります。

体を若々しく保ってくれるので、精力維持には欠かせません。

またセレンは精巣を発達させる作用があり、精子形成にも関わっています。

精巣を発達させることで男性ホルモンの分泌を促し「性欲・精力アップ」「勃起力アップ」「精子量増加」など様々な効果に期待できます!

 

3.D-アスパラギン酸

D-アスパラギン酸は男性ホルモンであるテストステロンを増加させ、性機能を向上させる効果があると言われています。

またミネラルと結合することで細胞へ運んでいく働きがあり、精子量増加や精子の運動性を高めてくれます!

神経系にも働きかけてくれ、興奮をきちんと伝達できるようにしてくれるので、勃起力を高める効果もあります!

他にもD-アスパラギン酸は体内に溜まった疲労物質をエネルギーへと変換することができ、精力・活力アップに繋がります!

 

4.タウリン

栄養ドリンクなどによく配合されているので、何となく知っているという人も多いんじゃないでしょうか?

タウリンは臓器機能を高めたり、ミトコンドリアを増やしてくれるので、精力維持には欠かせない成分です!

ミトコンドリアを増やすことで、疲れにくい体やスタミナを付けることができます!

またタウリンは血中コレステロールを下げてくれるので、血液をサラサラにしてくれます。

血液をサラサラにし、血の巡りが良くなることで、ペニスに血液が行き渡りやすくなり勃起力アップに繋がります!

 

5.アルギニン

牡蠣に含まれるアルギニン量はそんなに多くはありませんが、アルギニンは精力剤に必ず配合されていると言えるほど精力アップには欠かせない成分です。

アルギニンは血管の修復と拡張してくれるので、血行を改善してくれる効果があります。

血液の流れよくなればペニスにある海綿体に血液をドバドバ送ることができるので、勃起力アップやED改善の効果に期待できます!

また成長ホルモンや男性ホルモンの分泌を促進してくれるので、性欲・精力アップをすることが可能です!

 

6.ビタミンB群

ビタミンB群は代謝を促し、成長ホルモンや男性ホルモンを分泌を活性化させてくれます!

またビタミンB群には「ストレス緩和」「リラックス効果」など精神面に作用する効果がいくつもあります。

肉体的疲労回復効果もありますが、性欲や精力アップには精神面を整えることも重要で、精神的疲労回復も大切なことです。

肉体的にも精神的にも健康になることで、性欲・精力アップに繋がります!

ビタミンと精力アップの繋がりについてはこちらで詳しくご紹介しているので参考にしてください。

 

【精力増強!】ビタミンBとビタミンEを取れば勃起力が全開になる!?

2017.07.16

 

精力アップにおすすめな牡蠣の食べ方・メニューはこれだ!

「生牡蠣」「焼き牡蠣」「カキフライ」「カキ飯」「カキ鍋」など美味しい食べ方・メニューはたくさんありますが、精力アップにおすすめの牡蠣の食べ方は生牡蠣にレモンをかけて食べる食べ方です。

牡蠣含まれる亜鉛や鉄分はビタミンCと一緒に摂取することで吸収率が上がるので、牡蠣とレモンは非常に相性がいいです!

また牡蠣に含まれるはタウリンやビタミンは熱に弱いので、加熱してしまうと流れ出てしまいます。生牡蠣であれば余すことなく牡蠣の成分を摂取できます!

それでは材料と作り方についてご紹介します!

 材料

  • 牡蠣(生食用)
  • レモン
  • ポン酢(お好み)
  • タバスコ(お好み)

 作り方

  1. 牡蠣を洗って殻を開ける(殻付きの場合)
  2. むき身を塩水で洗い、汚れやぬめりなどを取る
  3. 水できれいに洗い流す
  4. レモンをかけたら完成

これだけで「簡単」「美味い」「栄養満点」の精力アップにおすすめ牡蠣料理の完成です。

難しい工程がなく、非常に簡単シンプルなので、誰でも美味しく作ることができます!

精力アップにおすすめということで「手軽さ」と「栄養面」を重視しましたが、毎回この食べ方だけでは飽きてしまうので、いろんな牡蠣料理を楽しんでください!

牡蠣鍋などで食べるときは、牡蠣から出た栄養素が汁に移るので、雑炊で汁まで余すことなく食べると効率良く栄養素を摂取できます。

 

性欲・精力アップに最適な牡蠣の量はどれくらい?食べ過ぎると副作用の症状が出ることも!

結論から言うと「性欲・精力アップに最適な牡蠣の量は5個」です!

栄養満点で美味しい牡蠣ですが、食べる過ぎると様々な副作用が起こることがあります。

牡蠣の成分の中で特に過剰摂取に気を付けたいのが「亜鉛」です。

個数 亜鉛含有量 副作用
1~5個(20g~100g) 2.64~13.2mg なし
6~10個(120~200g) 15.84~26.4mg 亜鉛サプリ飲用や食事内容によって「腹痛」「吐き気」など…
11~15個(220~300g) 29.04~39.6mg 体調や人によって「めまい」「吐き気」「腹痛」「頭痛」など…
16個以上(320g~) 42.24mg~ 「嘔吐」「発熱」「下痢」など…

18歳以上男性の亜鉛耐容上限量は40~45mとされており、牡蠣で換算すると15個(300g)程度です。

牡蠣を食べ過ぎてしまえば「めまい」「吐き気」「だるさ」「発熱」「腹痛」「頭痛」など症状がでます。

長期的に過剰摂取した場合には「抜け毛」「肌の老化」「貧血」などの症状が出る可能性があります。

また牡蠣は厚生労働省の基準を満たした安全な海域で成長したものであっても、内臓にウイルスや細菌がほんの少し残ってしまいます。

わずかであれば人間の免疫力で対抗することができますが、免疫力が弱っていたり、食べ過ぎてしまえばあたる可能性が高くなります。

食べ過ぎには十分注意しましょう。

 

まとめ

 まとめ

  • 牡蠣は「海のミルク」と称されるほど栄養価が高く性欲・精力アップにおすすめ!
  • 牡蠣を食べるならレモンと合わせるのがおすすめ!
  • 性欲・精力アップに最適な牡蠣の量は5個!
  • 食べ過ぎると副作用の症状が出るので食べ過ぎ注意!

海のミルクと称される牡蠣は、非常に栄養価が高く性欲・精力アップに効果的な食材です!

男性機能と関わりの深い亜鉛が食品の中で最も多く含まれていると言われています。

レモン(ビタミンC)と一緒に食べると亜鉛の吸収率が上がるので、牡蠣を食べるときは是非レモンと合わせてみてください!

ただ栄養価が高くて美味しい牡蠣ですが、食べ過ぎると副作用が出ることがあるので、くれぐれも食べ過ぎには注意しましょう。

性欲・精力アップに最適な牡蠣の量は5個です!忘れないようにしてください。

 


【すっぽん性力事情】すっぽんの生き血が精力上げてくれるって本当!?

2018.01.26

【美味しい性力アイテム】うなぎが精力UPに良いと言われている理由

2018.01.26

カフェインを摂ると性欲・精力は湧く?コーヒ&レッドブルのカフェイン事情

2018.01.11

【比較】精力剤(性力剤)のドリンクタイプをおすすめ順にランキング付け!!

2017.04.12

【最強】精力剤・性力増強剤ランキング!おすすめ精力サプリを比較

2017.01.22

 

最強ペニス増大サプリランキング【3ヶ月で+3cm目指す】

【活力MAX】本当に効くおすすめ精力剤ランキング