【精力増強】テストステロンを全開にして男を上げろ!!効果まとめ

 

『テストステロンって性欲のあれだよね?』

『男性ホルモンかなんかだっけ?』

『testosteroneさんって方ネットで有名だよね』

 

こんかいはテストステロンに関してまとめてみたので男を上げたい方は参考にしみてみてください!

 

【確認】テストステロンってそもそもなに??

 

 

テストステロン(testosterone)は、アンドロゲンに属するステロイドホルモンで、男性ホルモンの一種です。

・生成・分泌

哺乳類のオスでは睾丸で95%、副腎で5%、メスでは卵巣や副腎から男性の5-10%程度ながら分泌される。

・作用

筋肉増大。

骨格の発達。

女性の男性ホルモン分泌の分泌量は前述通り男性の5-10%程度で、陰毛の発毛に関与する。

・性ホルモンとしての作用

胎生期、妊娠6週目から24週目にかけて大量のテストステロンが分泌される時期があり、これにさらされること(アンドロゲン・シャワーと呼ばれる)によって、脳は女性的特徴(ホルモン分泌の周期性)を失う。なお、男性外生殖器の形成に関係するのは、5αリダクターゼにより、代謝されたジヒドロテストステロン(DHT)によるもの。

思春期以降の男性では睾丸からの分泌が顕著に増加し、男性的な身体の特徴が形作られる(二次性徴)。

一般に30歳ごろから減少しはじめ、年1-2%の割合で減少する。テストステロンの減少は男性更年期と呼ばれるが、女性の更年期ほどには急激にホルモン分泌は変化せず、身体や精神に与える影響も個人差が大きい。ストレスなどで急激な減少を起こすと、男性更年期障害を起こす。テストステロンの減少率は個人差が大きく、70代になっても、30代の平均値に匹敵するテストステロン値を維持している男性も多い。20代から40代でテストステロンが低い場合は、2型糖尿病、メタボリック症候群のリスクが増大すると報告されている。

出典;wiki

 

 

これはwikipediaを引用したものです。

ちょっと難しくて理解しづらいですよね・・・。

要約すると、テストステロンとは

性欲を高める生殖器の成長に欠かせない男性ホルモン

であり、筋肉や骨格の形成にも必要不可欠なものだということ。

思春期に声変わりや体毛などが濃くなるのもこのテストステロンによる影響です。

さらに、テストステロンは社会的ホルモンと呼ばれることもあるようです。

 

【メリット】テストステロンを増やすとこんないいことが!

 

 

テストステロンは私たちが生活する中でとても重要な役割を果たしていることが分りました。

では、そんなテストステロンを増やすとどのようなメリットが得られるのでしょうか?

 

・女性にモテるようになる

・エネルギッシュになる

・顔つきがきりっとする

・筋肉がつき、体格ががっちりする

・記憶力が良くなる

・集中力がつく

・自信が出てくる

・男らしくなる

・フェロモンが出る

・健康的になる

 

などいいことたくさん!!!

テストステロンが増えるとこんなにもメリットがあるんです!

男らしくなり自分に自信がつけば行動も変わります。

自信がつくことで女性とも積極的に関わっていけますし、自身のある男性は女性からモテます。

行動が変われば人生も変わりますね!

 

が、しかし!いいことばかりではないので注意が必要です。

 

【デメリット】テストステロンを増やすとおこる残念なこと

 

 

テストステロンを増やすといいことばかり!と思いきや、そうは問屋が許しません。

テストステロンを増やすことによってのデメリットも存在するのです。

そのデメリットとは・・・

 

・体毛が濃くなる・増える

・ひげが濃くなる

・ハゲや薄毛になる

・汗をかきやすくなる

 

男性ホルモンの一種なので、テストステロンが増えると、男性らしさが濃くなっていきます。適度な男性らしさは女性にモテますが、男性らしさが濃すぎると引かれてしまうかもしれませんね。

何事も適量が一番です。

 

【精力増強】テストステロンを増やす方法はこれだ!

 

 

テストステロンを増やす方法1:筋トレ

 

テストステロンを増やす一番の近道は筋トレ。

ただ筋トレをしたら良いというわけではなく、厳しい筋トレをこなすということが大事になってきます。

しかし、長時間の筋トレはテストステロンを減少させる原因になりますので注意が必要です。

短い時間で全力の筋トレをするのがポイントです。

 

テストステロンを増やす方法2:睡眠の質を高める

 

アメリカ・シカゴ大学の教授らによる実験において、「睡眠の質が高い男性は、睡眠不足の男性よりもテストステロン値が高かった」というデータが発表されています。

22時から2時まではもっともテストステロンが分泌される時間なので、この時間には睡眠をとっているようにしたいですね。

 

テストステロンを増やす方法3:ビタミンDを摂取する

 

アメリカノースカロライナ州で行われた実験によると、ビタミンDの基準摂取量を守っている男性ほど、テストステロンの値が高い位置になっているとのこと。日本人のビタミンD基準摂取量は約5ug。魚の赤身部分100g程度が最適になります。

 

テストステロンを増やす方法4:亜鉛を摂取する

 

亜鉛は日本人が不足しやすい成分です。

「セックスミネラル」と呼ばれるほど性関係では重要な成分なのでしっかり摂取しましょう。

 

テストステロンを増やす方法5:食事の改善をする

 

テストステロンは低い脂肪率を維持しながら適度な運動をしている健康体の状態がいちばん分泌されやすい状態です。

低い脂肪率を保つため・・・といって、炭水化物を抜いた食事をするなどは逆効果なのでやめましょう。

しっかり1日3色バランスよく食事をすることが大切です。

 

テストステロンを増やす方法6:オナニーを減らす

 

アメリカで行われたテストステロンの研究結果によると、「マスターベーション後はわずかにテストステロンレベルは上がるものの、やりすぎている男性は徐々にレベルが下がっている」という研究結果を出しています。

オナニーを楽しむ人は一人で満足できてしまうためパートナーがいなくてもいいやという心理状態になるそう。そのため、少し回数を減らし、限界まで我慢してから性欲を開放しましょう。

そうすることがテストステロンを効果的に分泌する行動です。

 

テストステロンを増やす方法7:ポジティブ思考

 

テストステロンの分泌には心理状態が関わっています。

常に前向きでいることでテストステロンの数値を上げることができるのです。

 

【テストステロンをぶち上げろ!】ペニラボ実践している方法はこれ!

 

 

筋トレは大事だけど、長時間の筋トレはだめ!?全力の筋トレって何?!

というあなた!

今回はペニラボ編集部も実践している筋トレをご紹介します。

 

下半身を鍛えるスクワット!

 

下半身は全身の筋肉の中でもっとも大きな筋肉が集まっています。

そのため、腕だけを筋トレするよりも足を鍛えたほうがテストステロンの分泌も増えやすいのです。

できればジムにいき50kgくらいの重さを加重してスクワットするのが望ましいですが自宅でも負荷は増やせます!

それがジャンピングスクワットです!ジャンプしてスクワットするこれだけで負荷が増すのでおすすめです!

※余裕ある方は動画よりももっとジャンプして良いと思います!そしてひざはもっと曲げてよいです!

 

 

場所・時間に余裕がある人は、スプリント(短距離走)を取り入れるのも◎

スプリントによって、テストステロンが増えることが多くの研究で明らかになっています。

スプリントトレーニングをするときは、1回15秒以内に抑えて、5~10回繰り返しましょう。

終わった後はしっかり体を休めることも忘れずに!

 

これは毎日でなく週2~3回でOK

ぜひ挑戦してみてください!

 

まとめ

 

テストステロンを増やすメリットがたくさんあることが分りました!

少なからずデメリットもありますが、「テストステロンを増やす方法」を実践して女性にモテる『抱かれたい』と思われる男になりましょう。

 


 

【完全版】ペニス(ちんこ)を大きくする方法全まとめ!!

2017.03.20

【最強】精力剤おすすめランキング!!効果が高い精力サプリを徹底比較

2017.01.22

【安心】おすすめのED改善サプリランキング!!勃起不全に悩むあなたに

2017.06.10

【精力増強】中年男性に送る精力を高める方法まとめ

2017.05.30

【絶倫】勃起力・精力を増強させる食べ物全まとめ

2017.06.25

 


 

最強ペニス増大サプリランキング【3ヶ月で+3cm目指す】

【活力MAX】本当に効くおすすめ精力剤ランキング

【+3cm!!ペニラボ編集部でも愛用中】



ペニス増大サプリの決定版

精力増強にも期待できるのでサイズアップはもちろん中折れ気味の方にもおすすめ

1箱無料でもらえるキャンペーン中に購入すべし!