【完全版】チントレの方法・種類を学んでペニスをバキバキにしよう!

 

『チントレしてペニスをバキバキにするんだ!』

『毎日やれば勃起力上がるって本当?』

『要はペニスの筋トレでしょ?』

 

そんなペニスを鍛えたいストイックなあなたの参考になればと思います。

 

そもそもチントレしたらどんな効果が得られるの??

 

 

チントレをすればどのような効果が得られるのか?

それは、長く・太く・硬いペニスにすることができます。

また、早漏の防止にもなり、幅広い効果が期待できます。

 

チントレは確かに効果があります。

しかし、チントレをしたからと言ってすぐに効果が出るわけではありません。

チントレは肉体改造と同じ原理で、長期間のトレーニングを積んで始めて強く硬い鋼のペニスが出来上がるのです。

 

いかに正しく効率のいいチントレをするかで変わってきますが、チントレと並行してペニス増大サプリなどを摂取するとより良いです。『筋トレ+プロテイン』みたいなイメージですね。

 

【最強】ペニス増大サプリランキング!!増大サプリは口コミ・効果で選べ!

2017.01.18

 

それでは、正しいチントレとはどういったものなのかをご紹介します。

 

これがチントレの方法だ!メモは忘れずに!

 

 

チントレをする前に…

 

①ペニスを温める

 

チントレ前の準備になります。ペニスはホットタオルでラッピングをしながら少しマッサージをするとより効果的です。

 

②ペニスを伸ばす

 

温めた後はストレッチを行って下さい。念入りにやる必要はありませんが、ある程度行なっておいて下さい。運動前の準備運度みたいなものですね。

 

③ペニスに血を巡らせる

 

ストレッチの後はローションを使い、ペニス全体に血が巡るようにマッサージを行います。全体に血が巡れば準備は完了です。ローションがない場合は軽くペニスをもんでマッサージしてあげましょう。

 

この3ステップを行なうことでよりよいチントレをスタートすることができます。

 

「大変だな…。」「面倒だな…。」

 

と思われた方、まだ諦めないで下さい!

 

この流れは、慣れてくれば3分とかからず終えられるものになっていますので実践していきましょう。

 

その後は、大きくしたい部位によってマッサージが変わっていきます。

それぞれご紹介します。

 

チントレ1:ジェルキング(ペニスの長さ・亀頭の大きさアップ)

 

 

タッピングでペニスを温め、ローションを使ってチントレをしていきます。

ペニスの状態は勃起か半勃起状態で行いましょう。

 

1.根元から亀頭まで血を送るように手で圧迫しながら動かしていきます。

2.亀頭辺りまで動かしたら、血を止めるように圧迫した状態で10秒〜20秒程止めます。

3.この動作を3〜4回程繰り返して下さい。

 

 

チントレ2:亀頭増大トレーニング(亀頭の大きさアップ)

 

亀頭の大きさアップに適したトレーニングです。ペニスは温められており、フル勃起状態でチントレを行いましょう。

 

1.亀頭をつまみそこからギリギリまで引っ張ります。

2.ギリギリまで伸ばしたら、その場所で10秒程止めます。

3.この動作を3〜4回程繰り返して下さい。

 

チントレ3:亀頭増大トレーニング2

 

 

亀頭を大きくするチントレです。

ペニスは温め、フルボッキ状態でおこないましょう。

 

1.ペニスの根元を握る。

2.そのまま10秒ほど握り続ける。

3.この動作を3〜4回繰り返して下さい。

 

 

チントレ4:ミルキング(亀頭の大きさ・長さアップ)

 

 

ペニスを温めており、半勃起の状態でチントレを行いましょう。

 

1.左手でペニスを握ります。

2.人差し指の方から小指まで牛の乳を絞るように握っていきます。

3.話す時は小指から人差し指にかけて順番に話していきましょう。

4.この動作を3〜4回繰り返して下さい。

 

 

チントレ5:PC筋トレーニング

 

 

PC筋を鍛えるチントレです。

温めたり、勃起状態にする必要はありません。

 

1.ゆっくり肛門を締めていく(5秒ほど)

2.閉じたらそのまま乃状態をキープ(5秒ほど)

3.肛門を緩める(5秒ほど)

4.この動作を3〜4回繰り返して下さい。

 

チントレ6:PC筋トレーニング2

 

これもPC筋を鍛えるチントレです。

ペニスは温め、フルボッキ状態で行いましょう。

 

1勃起したペニスを下にギリギリまで下げる。

2下げたペニスを放す。

3話した瞬間にPC筋に力を入れる。

4この動作を3〜4回ほど繰り返して下さい。

 

たくさんのチントレがありますが、これをただこなすのではなくて、どの部位を大きくするトレーニングなのかを意識して取り組むことが大切です!筋トレも『効かせたい箇所』を意識することが重要ですがそれと同じです!

 

【ペニラボも実践】おすすめのチントレメニューはこれ!

 

 

そんなチントレはもちろん実践しました。

私は仕事や家庭で忙しかったのでこのようなメニューでチントレを行いました。

 

チントレメニュー

  • ウォームアップ(約5分)
  • 2or3トレーニング(約5分)
  • 時間があればさらに2or3(約5分)
  • 2と3のトレーニングは上記を確認!

 

これは忙しい方向けのメニューです。

多くを求めず、亀頭の大きさアップと長さアップに特化したチントレメニューです。

また、ジェルを使わないトレーニングなので面倒な作業を省き、継続しやすくしました!

 

ポイントは継続です。

たくさんのメニューを行なったからといって満足してはいけません。

長いスパンで考えていかないとペニスのサイズアップに繋がりませんので、根気よく頑張りましょう!

 

さて、ここまでである程度やり方はわかったと思いますが『チントレをやりすぎるとどうなっちゃう。。。?』と気になる方もいると思うので次はメリットとデメリットをみていきましょう。

 

チントレのメリットデメリット

 

 

チントレのメリット

 

①お金がかからない

 

チントレに関してはお金はほとんど発生しません。かかるとしてもマッサージ用のジェルくらいですので、お手軽です。

 

②ペニス増大が可能

 

チントレで大きくしたペニスは縮みません。

これは風船理論と言って、一度大きくした大きさから小さくなることはないのです。なので、すぐにでも始めていきましょう。

 

③どこでもできる

 

チントレはどこでも気軽にできてしまいます。

場所を選ばずにできるので、空いた時間で実践するのもいいでしょう。通勤通学の電車の中、お昼休憩中、はたまた仕事や授業中にPC筋を鍛えるのもあなたの自由です。

 

チントレのデメリット

 

①根気と継続が必要

 

多数あるチントレをこなさなければならないのと、ジェルを使ったチントレになれば少しは手間になります。

根気よく続けられるかが肝になってきます。

 

 

②準備をしないと怪我に繋がる

 

チントレはまず最初にラッピングでペニスを温めるところから始まります。

そこからストレッチを行い、ペニスの血流を良くして始めてチントレを行えるのです。

注意:稀にですが準備をしないと事故に繋がる可能性もあります。

 

ペニラボ的考察

 

 

今回はチントレの方法について深く掘り下げていきました。

チントレは適度に長く続けることが第一で、肉体改造などと一緒で、ゆっくり作り上げていくものです。一朝一夕で結果が出るものではないので、焦らず確実に行なっていきましょう。

 

モチベーションを保つPOINT

  • 目標のサイズを明確に!
  • 無理のない目標を掲げる
  • しっかりとチントレのできる環境を整える
  • 経過を記録し、計画と比べる
  • 目標達成のご褒美を用意しておく

できるチントレから実践してみることをおすすめします!

 


 

【最強】ペニス増大サプリランキング!!増大サプリは口コミ・効果で選べ!

2017.01.18

【増大サプリ体験談】ヴィトックスαの効果はいかに!?私の口コミと評判

2017.03.12

【極太ペニス】ちんこを圧倒的に太くする方法をまとめてみた

2017.01.15

【完全版】ペニス(ちんこ)を大きくする方法全まとめ!!

2017.03.20

 


 

最強ペニス増大サプリランキング【夏までに+3cm】